So-net無料ブログ作成

二都物語 / ディケンズ [海外作品]


二都物語 (上巻) (新潮文庫)

二都物語 (上巻) (新潮文庫)

  • 作者: ディケンズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1967/02/01
  • メディア: 文庫


世界の文学を読んでみよう。

初めは諸々の事が点と点だったのが、読み進めるにつれて線となりつながっていく印象。
上巻では「で、このお話はどこへ向かっていくの?」という感じでしたが、最後には「こういうことだったのね」という感じです。
話がつながったところで、もう一度最初から読んでみたいと思う話でした。

はじめのうちは、誰が主役なのかもはっきりせず。
きっとチャールズなんでしょうが、私は最初、銀行家のロリー氏が主人公かと思っていました。
ある意味、初めから最後までを見届ける者として、あながち間違いでもない気もしますが。

チャールズ・ダーニーはフランスからの亡命貴族。
パリを捨ててロンドンへ。
かつての従僕の身を案じてパリへ戻らなければ、どうなっていたのだろう?
マダム・ドファルジュとの関係には驚きました。それこそ、こんなところでつながっていたとは!というところです。
チャールズが可哀相な気もします。自分がしたことではなく、親のしたことの制裁を受けるということ・・。

チャールズそっくりの弁護士のシドニー・カートン。
彼ももう一人の主役でしょう。
愛するルーシーのために、酒びたりの身ゆえに身を引き、さらには自分が犠牲になる。表からではなく陰から捧げる愛情。

私としては、マネット親子が好きです。

フランス革命の前~最中が舞台であり、貴族と平民の差も描かれています。
貴族が悪いばっかりでなく、平民が狂っているという印象を強く受けます。
現代に生きる私は、フランス革命においては「貴族の特権をなくして平民が自由と平等を勝ち取る」という意味で、なんとなく貴族=悪、平民=善のイメージでいたので、新鮮な発想でした。
両方の面から見ることが大切なんでしょうね。

解説が、なぜか批判的・・。
タグ:ディケンズ
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

ike-pyon

「二都物語」は、ディケンズの作品の中で、私が最も好きな小説です。特に、後半のシドニー・カートンは、かっこいい。
by ike-pyon (2011-09-12 03:46) 

あきえもん

ike-pyonさん、コメント&nice!ありがとうございます!
私も、後半のシドニー・カートンは格好いいと思います。
by あきえもん (2011-09-13 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。